顕微鏡を使用した歯内療法など無痛治療で抜歯をしない歯科治療は四谷の澤田デンタルオフィス

本文へこのページの本文エリアへ。アクセスキー 「u」。

SAWADA DENTAL OFFICE
  • トップページ
  • 当院のご紹介
  • 治療法について
  • 院内設備
  • よくあるご質問
  • アクセス

歯内療法専門医の医院情報,活動報告,そして歯内療法に関する最新情報を発信しています.

エックス線写真に写る影

 エックス線写真の黒い影をみて,「この黒いのは病気ですか?」と聞く患者さんがいます.もちろん,わからないことはどんどん聞いてください.良い歯科医師は質問に対してわかりやすく説明してくれます.では,エックス線写真に写る影は何を示しているのでしょうか.....その周囲にくらべて骨がないことを意味しています.エックス線写真では,骨,歯,金属などの硬いものが写ります.影になっている部分は,その周囲にくらべて歯や骨がないことを意味しているのです.

 では,考えてみてください.すごく大きな病変が骨の中にあったとします.しっかりした治療を受け,その病変が治っていく過程でエックス線写真を撮影したら?.....そうです,まだ影が残っているかもしれません.影=病変というわけではないのです.

 私たち歯科医師は,様々な診査をします.患者さんが来院したら,まず問診.いつどこでどのような治療を受けたのか?痛みや腫れはいつからなのか?そして,お口を開けてもらって,目で見る視診,指で触る触診,歯をたたく打診,歯周ポケット診査,そしてエックス線写真撮影というように,様々な診査を行い,それらの結果をすべて総合して診断を下すのです.エックス線写真で影があっても,治療したのが数ヶ月前であり,現在腫脹や排膿というような明らかな炎症所見がなければ,炎症がそこに存在するという確定診断には至りません.確定診断に至らないので経過観察をしていたら,患者さんの訴えている痛みは別の歯だった,などということもあります.

 しっかり診断する力.実はこれがとても大切です.診断は先生によって変わることがあります.先生の診断をよく聞いてください.今はセカンドオピニオンをとることもできる時代です.セカンドオピニオンをとる時には,それまでの資料が必要です.セカンドオピニオンをとりたいので資料を貸してください,と言う勇気も必要かもしれません.私達は喜んで資料を提供しますし,セカンドオピニオンにも対応いたします.



同じカテゴリー(治療)の記事画像
抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実
澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」
破折歯への対応
衛生管理(グローブ)
「抜歯するしかない」と言われた症例
エックス線の影
同じカテゴリー(治療)の記事
 「マイクロエンド時代のガッタパーチャ除去」 (2016-05-23 10:07)
 慢性痛の脳内のメカニズムを解明 (2016-04-13 19:26)
 抜歯・小手術・顎関節症・粘膜疾患の迷信と真実 (2015-10-08 18:39)
 澤田先生の新書「医師に聞けないあんな疑問」 (2015-09-06 20:51)
 破折歯への対応 (2015-08-02 21:26)
 患者さんからの御礼メール (2015-01-12 13:36)

更新日:2010年11月01日

院長 澤田則宏ブログ
ご予約・お問い合わせは 03-3341-4618
歯科医師の先生方はこちら 紹介方法&セミナー案内
とうきょうキッズメディカルスクールホーム
<?=$this->translate->_('削除')?>
エックス線写真に写る影